ダイバーシティとは?

どうも仙台で東北を中心に外部人事、人事顧問をやっています前川です。


今回は会社でのダイバーシティについて書いていきます。


ダイバーシティってよく聞くワードになってきました。


日本語では多様性という意味で、企業のCMやPRでもよく使われていますね。


人種、性別、年齢、宗教、趣味嗜好などを受け入れている状態。


これを会社で受け入れることで多種多様な意見を汲み上げ生産性の向上や経営戦略へ繋げて


いくことを目指しています。



さてよく使われるようになったダイバーシティですが実際にそれを受け入れている企業は


どれくらいあるのでしょうか?


私は言葉ばかりが流行り広がっていっているのでは?と感じてしまいます。


日本は未だに女性の管理職は多くないですし、採用についても年齢、性別で選考する場面も


見受けられます。


言葉、理想だけが掲げられているように感じているのです。


本来のダイバーシティを目指すのであれば、履歴書も写真や性別や年齢の欄を無くしても


いいのではないかと考えています。


人の外側を見るのではなく、その人の中身で判断する。


それが社内でダイバーシティを受け入れている状態になるのではないでしょうか。


多様性を受け入れる会社になればきっと新しい一歩を進めるのだと思っています。